通販事業者からすれば、ダンボール箱は保存性が高い

ダンボール箱

通販事業者からすれば、ダンボール箱は保存性が高い

ダンボール箱を通販事業者が利用する理由ですが、これは段ボール箱が持つ能力の中に保存性と保湿性という物があり段ボールは湿度を吸収するという特性がありこの特性を生かせば、商品を保護しやすいという特性があります。特に、家電製品を保護する場合湿度を吸収する保湿性がダンボール箱自体に求められ商品を湿気から守るためにあえてダンボール箱に湿気を吸収してもらうことで通販においては、段ボール箱を保存容器として使用しているのです。逆に、保存に適さないよう気という物も通販では存在しており、家電製品の場合は箱自体が帯電する物や滑りやすく落下しやすい容器という物は商品の保存に適していないが故、望まれない保存容器になります。通販では、安価で耐久性が高いのがダンボール箱通販においては、安価で耐久性が高い容器という物が好まれます。

逆に、耐久性が抜群でも安価では無い容器は通販事業では商品を梱包する際あまり好ましくない容器であると言えます。何故なら、商品を保護するという場合には輸送時に重くなる容器は、インターネットで商品を売買している事業者からすれば輸送にかかる化粧箱の方がお金がかかってしまっては利益にならないが故です。逆に利益を優先しつつ商品の保護をすることが可能でかつ商品がなんであるかが分かるというのが、段ボール箱で、段ボールに文字や絵で印刷を行えば商品の中身を容易に確認できるので安価で耐久性の高い容器がダンボールになり多くの事業者が使用しているのです。

コメント