昨今のダンボール箱通販事情について。

ダンボール箱

昨今のダンボール箱通販事情について。

現代日本では、通販が全盛という事もあり商品を入れるダンボール箱の方も通販で注文出来る様になりました。種類も様々であり、カラーや両面印刷が出来る所もあれば、セミオーダーやフルオーダーという事で何かしらの特別なギミックが仕込まれている様な物も受付けてくれる会社もあります。衝撃緩衝材や運搬時に細心の注意が要る商品用という事で、固定用のテープを付けてくれる様なサービスも珍しくありません。

長方形や正方形のパッケージであるという枠に収まらず、オーダー品で無くともCDや洋服用、お酒用という事で使いやすい工夫を各社凝らしていますので場合によっては特別発注しないでも事足りる様な事も多いです。通販のダンボール箱で心掛けておきたい事について。通販全盛である以上、ダンボール箱を受注する際に最も避けなければいけないのは、「箱が潰れて中身の商品も歪んでしまう」といったケースです。その為には高品質と強度は勿論、販売したい商品とジャストフィットするダンボール箱を用意しないといけません。

その為には、大まかにでも箱の規格を知っておく必要があります。基本事項としては、宅配や発送に一般的に使われるのが60cmタイプで、化粧品や文庫本や食材等を体よく梱包するには妥当な大きさをしています。続いて使われるのが80cmタイプで、こっちは5kgのお米パックをスッキリ包めるレベルです。そしてこれより大きい場合には100から120、140cmが出てきます。

それぞれ特徴が結構違ったりしますので、注文の際には特に慣れない時にはしっかり担当者と相談を重ねた上で、最終決定をして下さい。

コメント