ダンボール箱の印刷方法

ダンボール箱

ダンボール箱の印刷技術・フレキソとオフセット

ダンボール箱の印刷方法には、大きく分けて4種類存在しています。まず樹脂の突起部分を活用した、フレキソ・プリスロ印刷から見ていきましょう。樹脂もしくはゴム製の版を製造し、判子のように押し付けて刷る方法です。版には弾力性があるため、ダンボール箱に刷る際に適しています。

ダンボールはもちろん、名刺やチラシ・ポスターなどさまざまな素材に刷る際に使われている手法がオフセットです。デコボコのない薄い金属製の版を作りますが、直接素材に刷りません。版からゴムプラケットに一度転写(オフ)してから、素材に印刷すなわちセットすることから名付けられました。発色が美しく、フルカラーの印刷に適した手法です。

ダンボール箱の印刷技術・UVインクジェットと箔押し

細かく霧状にインクを噴射して定着させる、UVインクジェットプリンターを用いた手法も代表的です。素材に付着したインクを、機器のUVランプによって紫外線を照射しすぐに固着させます。速やかに塗料が硬化するため、色彩の定着性が高く速乾性に優れた手法です。

金型の版を作って、熱したのち箔フィルムに圧着させる方法が箔押し印刷です。

熱により圧着させ転写することで、独特なデコボコが出来あがります。カラーは白・黒や金銀、ホログラムといった色味が主流です。通常の刷り方では出せない、金属の光沢によって高級感・重厚感が出せます。独特な出来映えとなるため、ロゴや名入りなどワンポイントに活用されることが多いです。

コメント