ダンボール箱に用いられる印刷方法の種類と特徴

ダンボール箱

ダンボール箱の印刷方法・フレキソとオフセット

ダンボール箱に用いられる刷り方の1つに、フレキソ・プリスロ印刷が挙げられます。樹脂やゴム製の凸版を使用したものであり、ハンコと同じようにして刷っていく手法です。版に弾力性があり、平らな形状を保つのが難しいダンボールなどの素材に向いています。基本的には2色ほどしか使用できないため繊細な表現は望めないものの、製造コストが低いのがメリットです。

一度版にインクを塗り付けて、ゴムブラケットに転写してから紙に刷るオフセット印刷も主流の方法です。金属製の凹凸がない版を用いて行い、紙に圧力をかけて実行します。比較的薄い素材に対して使われるものであり、フルカラーの刷りが可能でダンボール以外にも広く用いられる手法です。

ダンボール箱の印刷方法・UVインクジェットと箔押し

インクジェットプリンターを使って、直接刷る手法をUVインクジェット印刷と呼びます。

インクの量や密度を噴射する際に調整できるため、高画質な写真やグラデーション表現など、複雑な刷りを再現するのに適している手法です。平らな形状の紙はもちろん、曲面やプラスチック・樹脂といった素材にも刷ることが可能です。刷る際にはインクを吹き掛けて、UVランプから紫外線を当てて一瞬で固めるため定着力が強くなります。金型を箔フィルムに熱で圧着させる、箔押し印刷もダンボールを刷る際には使われます。

黒や白色の他に、金・銀やホログラムなど特徴的な刷りが可能です。金属光沢と独特な凸凹表現が加わるため、企業ロゴやネームなど特別感のある文字を入れるのに用いられます。

コメント